ロクマキッズ本園・阿倍野園(認可小規模保育園)
のぞみキッズ(企業主導型保育園)
レンキスマネージメント株式会社が運営

運営方針・理念
トップページ > 運営方針・理念

運営方針

子ども一人ひとりを大切にし、一人ひとりの発達に合わせた丁寧で愛情豊かな保育をします。そして保護者からも信頼され、地域に愛される保育園を目指します。 

理念

職場内のチームワークと、専門機関との連携を大切にし、子どもの視点に立った自己評価を実践し、保育の質の向上を図ります。

保育目標

0歳 すまいる組

生理的欲求を満たし快適に生活できるようにし、授乳や睡眠などの生活リズムが整うようにします。一人ひとりの発育・発達に応じた運動遊びを取り入れ、機能が発達するような援助を行い、自分でやりたいという思いを受け止め、大切にする中で、意欲的に生活できるようにします。又、スキンシップを十分にとりながら、自分の思いを言葉や行動で表現しようとする気持ちを大切にし、園生活を楽しめるようにします。

1歳 ピース組

家庭との連携を密にする中で、個々の排泄、発育状況を把握し、一人ひとりに合わせたリズムでゆったりと過ごせるようにします。自分でしたいという気持ちを大切にしながら、できない所は援助し、満足感と喜びを味わえることが目標にします。又、甘えや欲求なども一つひとつ丁寧に受け止め援助していきます。保育者とも十分に関わり、自己肯定感や信頼関係が育まれるようにします。

2歳 はっぴー組

食事、排泄、午睡などが不安なく身につくように、一人ひとり成長の度合を把握していきます。個々の健康状態に気を配り、活動と休息のバランスをとるようにし、気候に合わせて衣服の調整、体調管理に気を配ります。又、不安要素や自我、欲求を受け止め、安心して自分の気持ちを表せるようにします。自分で何でもしようとする気持ちを大切にし、見守りと手助けを使い分け、自己と他人を意識しながら、遊び、行動ができるようにします。

ページトップへ